読み込み中

信州須坂・フォトジェニックな蔵のまち歩き

信州須坂フォトジェニックさんぽ 信州須坂フォトジェニックさんぽ 信州須坂フォトジェニックさんぽ 信州須坂フォトジェニックさんぽ 信州須坂フォトジェニックさんぽ
アラウンド長野エリア
facebook twitter
アラウンド長野波イメージ

蔵のまち須坂でタイムスリップ信州須坂フォトジェニックさんぽ

アラウンド長野エリア別

Point

蔵のまち・須坂へ。

アラウンド長野エリア別

長野県北部、須坂市へは、長野駅から私鉄・長野電鉄へ乗って行きます。長野電鉄は、長野駅から善光寺下駅までの1.6kmの区間が地下を走る電車です。さらに、車両には昔懐かしい東急田園都市線の8500系電車や日比谷線の営団3000系電車が利用されていることから、鉄道ファンにも注目されている鉄道です。
電車が地下から地上に出ると、車窓には北信濃の山々・千曲川・りんご畑や田んぼなど...思わず写真を撮りたくなるような景色が目に飛び込んできます。須坂駅へは、およそ30分で到着です。

商いのまち・須坂

アラウンド長野エリア別

江戸時代は堀家一万石の陣屋町で、須坂藩の藩庁が置かれていた須坂。江戸や上州(群馬県)への街道が交差する、交通の要衝でもありました。
須坂のまちを歩いていると、古い看板や、屋根の上に恵比須様などの飾り瓦が多くあるのに気がつきます。古くから商いのまちであったことがわかります。
千曲川に注ぐ扇状地という地形や豊かな水により、江戸時代中頃から昭和20年頃まで、あちこちで水車が回る風景が見られたそうです。明治時代には水車を利用した製糸業が盛んになりました。

須坂の撮影スポット(1)旧小田切家住宅

アラウンド長野エリア別

そんな近代の須坂の製糸業に貢献した豪商の一軒が、小田切家です。現在は「旧小田切家住宅」として公開され、近代建築の日本家屋をじっくり見ることができます。鬼門の位置に植えられた、邪悪なもの「無し」の願いを込めて植えられた梨の木や、魔除けとされる桃をかたどった飾り瓦が目印です。
見学のあとは、江戸時代の雰囲気が感じられるお座敷でお抹茶と甘味をいただくのもおすすめです。

【旧小田切住宅】 
●住所 長野県須坂市大字須坂423番地1(春木町)
●アクセス(電車)長野電鉄須坂駅下車徒歩約10分

須坂の撮影スポット(2)田中本家博物館

アラウンド長野エリア別

北信濃屈指の豪商である田中本家は、江戸時代から須坂藩の御用達を勤めた商家。現在は、「田中本家博物館」として公開され、土蔵を改装した展示室では、生活用品から装飾品まで、様々な所蔵品が展示され、季節ごとに企画展が催されています。
また、季節の草花や紅葉が美しい中庭の日本庭園も見事です。

【田中本家博物館】
●住所 長野県須坂市穀町476
●アクセス(電車)長野電鉄須坂駅下車徒歩約23分、タクシーで約5分

須坂の撮影スポット(3)蔵・古民家リノベーション

アラウンド長野エリア別

須坂には、蔵や古民家をリノベーションしたおしゃれなお店が点在しています。カフェ、レストラン、ゲストハウス、雑貨店などなど。若い人たちの新しいセンスで、生まれ変わった蔵や古民家は、外から見るだけでなく、店内に入って見るのがおすすめ。
古いものが上手に生かされていて、不思議と新鮮に感じます。
「古くて、新しい」須坂にゆっくり滞在して、まち歩きを楽しんでみてはいかがでしょうか。

<記事提供/株式会社field design>

Access

蔵のまち須坂

須坂市大字須坂1295-1
TEL. 026-215-2225(須坂市観光協会9:00~17:00)

  • 電車で長野電鉄須坂駅下車徒歩約1分
  • 車で上信越自動車道須坂長野東I.Cから 約10分
斜線イメージ
この記事に関連するプラン
【旅タク・長野観光タクシー】 小布施と蔵の町 須坂のまち歩きと北信濃ワイナリー巡り
おとな 8300
こども 3500
貸切の場合の追加料金 6000
【小布施・須坂・高山めぐりタクシーツアー】「Aコース:蔵の町須坂・北斎の小布施、“日本で最も美しい村”高山村」
おとな 8800
こども 8300
【小布施・須坂・高山めぐりタクシーツアー】「Cコース:小布施・須坂のオープンガーデンめぐり」
おとな 7200
こども 6700
アラウンド長野斜線イメージ
この記事を読んだあなたにおすすめ
戸隠神社宝光社から始まる彫刻アートトリップ
長野ワインでのんびり列車旅
だから小布施はおもしろい。
予約もできる現地ツアー 予約もできる現地ツアー
TOP