読み込み中

関電トンネルトロリーバスに乗って黒部ダムへ。

黒部ダムまで16分で行く方法 黒部ダムまで16分で行く方法 黒部ダムまで16分で行く方法 黒部ダムまで16分で行く方法 黒部ダムまで16分で行く方法
アラウンド長野エリア
facebook twitter
アラウンド長野波イメージ

国内最大のアーチ式ドーム型ダム黒部ダムまで16分で行く方法

アラウンド長野エリア別

Point

黒部ダムはどこにある?

アラウンド長野エリア別

通称くろよん。高さ186メートル、総貯水量約2億トンの日本最大のアーチ式ドーム型ダムである黒部第四ダム。その建設工事は、1956年から7年の歳月をかけ、「世紀の大事業」といわれました。

ダムの位置は、富山県と長野県の県境に近い富山県立山町。3000メートル級の山々が続く中部山岳国立公園の中にあります。
富山にあるとはいえ、富山県側からアクセスしようとするとケーブルカー、バス、ロープウェイなどを乗り継ぐ必要があり、その移動は容易ではありません。
ところが、長野県大町市にある扇沢駅から出発して、関電トンネルトロリーバスに乗れば、約16分でダムに到着できることをご存知でしたか?
おすすめは、「観光放水」。毎年6月下旬から10月中旬まで、毎秒10t以上の水が放たれる光景は、見事です。晴れた日の午前中は、虹を見ることができるかも!

破砕帯を突破して

アラウンド長野エリア別

「関電トンネル」は長野県と富山県の県境に位置する全長5.4㎞のトンネル。
大町から建設資材を運搬するために掘削されたこのトンネルには、くろよん建設最大の難所「破砕帯」があったことで知られています。
「破砕帯」とは、岩盤の中で岩が細かく割れ、地下水を大量に溜め込んだ軟弱な地層のこと。建設当時、毎秒660リットルもの水と土砂が噴出し続け、わずか80メートルの区間を掘削するために、7か月の月日と多くの人々の労力が費やされました。
この困難に立ち向かった男たちの雄姿は木本 正次氏の小説「黒部の太陽」に描かれ、石原裕次郎主演で映画化されたことにより、一躍有名になりました。

現在、トロリーバスからは、青い看板と照明で照らされている破砕帯を見ることができます。その側溝には岩盤からの水が流れ続けていますので、ご注目ください。
また2017年は破砕帯突破60周年として、黒部ダム新展望広場にて記念展示が行われます。ダム建設の歴史に思いを馳せながらのダム見学は、また一層深い思い出となりそうです。

Access

黒部ダム

富山県中新川郡立山町
TEL. 0261-22-0804 (くろよん総合予約センター)

  • 電車でJR大糸線信濃大町駅から扇沢駅まで路線バスで約40分
  • 車で長野自動車道安曇野I.C から扇沢駅まで約70分
  • バスでJR長野駅から特急バス(川中島バス)で扇沢駅まで105分

扇沢駅から黒部ダムまでは関電トンネルトロリーバスで16分(大人片道1,540円)
扇沢駅までは「くろよんロイヤルホテル」から道なりに通過し、約15分(約10km)
カーナビを利用する場合: 0261-22-1530(くろよんロイヤルホテル)

斜線イメージ
この記事に関連するプラン
「東洋最大級ロックフィルダム  高瀬渓谷ツアー」
おとな 4800
こども 4800
【上高地直行便ツアー】 「大町温泉郷発」
おとな 9800
こども 9800
北アルプス上高地からの清流で下る! 梓川ラフティングプラン
おとな 7000
こども 5000
アラウンド長野斜線イメージ
この記事を読んだあなたにおすすめ
長野の二大ラフティングスポット
スノーモンキーが愛される理由。
木曽谷の秘境・阿寺渓谷とは
予約もできる現地ツアー 予約もできる現地ツアー
TOP