読み込み中

木曽川の支流・阿寺渓谷|絶景と美顔水

木曽の秘境・阿寺渓谷(あてらけいこく)へ 木曽の秘境・阿寺渓谷(あてらけいこく)へ 木曽の秘境・阿寺渓谷(あてらけいこく)へ 木曽の秘境・阿寺渓谷(あてらけいこく)へ
アラウンド長野エリア
facebook twitter
アラウンド長野波イメージ

信州の名水・秘水「美顔水」の源木曽の秘境・阿寺渓谷(あてらけいこく)へ

アラウンド長野エリア別

Point

「阿寺ブルー」とは

アラウンド長野エリア別

阿寺渓谷は、大桑村野尻の阿寺橋を渡った先、阿寺国有林内にあります。
砂小屋山に源を発し、木曽川に合流する阿寺川が削り出した深い渓谷の全長は、約20キロ。
切り立った岩の自然の造形美と、江戸幕府から珍重された「木曽五木」の美林、そして、流れる水の美しさは、「阿寺ブルー」と賞されています。
一般的に渓谷には、川の深みである「淵」と呼ばれる場所がいくつかありますが、阿寺渓谷の淵の特徴は、浅瀬にさえ感じられるほどの抜群の透明度。なかでも、牛の姿に似ていることから名付けられたと言われる「牛ヶ淵」は、渓谷随一の蒼く深い淵となっています。
想像を絶する美しさ、「阿寺ブルー」がここにあります。

色白美人になれる美顔水

アラウンド長野エリア別

渓谷の最上流部、阿寺渓谷キャンプ場内に、「信州の名水・秘水」に選定された水が湧き出しています。森林の奥の岩間から湧き出てくるこの清水は、「美顔水」と呼ばれ、谷の中でも一番きれいで冷たい水です。
その昔、江戸幕府の直轄領だったこの山には、山を管理するため、尾張藩の役人が妻子を伴って派遣されていました。山での勤めを終えた役人の奥方衆が里に帰ると、皆見違える程色白の美人になっているのでその訳を聞いたところ、この清水を朝夕使っていたので、「美顔水」と名付けられたといいます。
山に働く人々の喉を潤し、訪れる乙女たちが競って顔を洗ったという美顔水、ぜひあやかりたいものです。

Access

阿寺渓谷(あてらけいこく)

長野県木曽郡大桑村 野尻 阿寺国有林内
TEL. 0264-55-4566(大桑村観光協会)

  • 電車でJR中央本線野尻駅下車 タクシー 5分 、徒歩20分
  • 車で中津川ICから 30km 45分または伊那ICから 60km 80分
斜線イメージ
この記事に関連するプラン
【旅タク・木曽観光タクシー】 秘境 阿寺渓谷と妻籠宿散策コース
おとな 5000円
こども 2500円
【旅タク・木曽観光タクシー】 木曽二大渓谷巡り半日コース
おとな 6500円
こども 3500円
【旅タク・木曽観光タクシー】 御嶽信仰に触れる半日コース
おとな 6500円
こども 3500円
アラウンド長野斜線イメージ
この記事を読んだあなたにおすすめ
中央アルプス千畳敷カールの絶景
信州の清流でラフティング【梓川(あずさがわ)編】
千曲川ワインバレーの楽しみ方
予約もできる現地ツアー 予約もできる現地ツアー
TOP